【導入編】iPad mini 第六世代でiPad版Logic Proを使い始めてみた!使い始める時に注意したい事!

どうもMr.Kold(@kold_beat)です!

 

みなさん、2023年5月24日からサービス開始になった”iPad版Logic Pro”は使っていますか?

実は自分は契約してちょこちょこ使っております。

今回はその”iPad版Logic Pro”の【導入編】を書いていこうと思います。

 

 

スポンサーリンク

Mac版との違い

まずはiPad版、Mac版の違いを簡単に書いていきます!

Mac版との違い

– 値段

– 互換性のある外部プラグインしか使えない

– 純正プラグインで使えないものがある

– タッチ操作が出来る

 

 

値段

Mac版のLogic Pro Xが買い切り30000円で永年アップデートに対して、iPad版は月700円、又は年額7000円

2023年7月現在、Mac版Logic Pro Xが買い切り30000円なので月額700円、又は年額7000円は高い感じがしますね。

ただ、ライトユーザーからすると「途中で止めることが出来る」「使いたい時だけ契約すれば良い」という事が出来るので良いのかも知れません。

 

 

互換性のある外部プラグインしか使えない

現状、iPad版のLogic Proでは互換性のある外部音源やエフェクトしか使えません。

Eventide、FabFilter、Moog Musicなどがアプリとして出しているそうです。

 

ちなみにMac版で互換性の無いプラグインが入ったプロジェクトをiPad版に持ってきても画像のような表示が出て使えません。

ただ、音源がOFFになったり、エフェクトがOFFになるだけなので、プロジェクトの編集自体は問題無く行えます。

 

 

純正プラグインで使えないものがある。

2023年7月現在ピッチ補正のプラグイン「Flex Pitch」は使えないようです。

おそらく対応条件がA12 Bionicチップ以降なので、A12 Bionicチップでは「Flex Pitch」の負荷に耐えられないんじゃないかと思います。

全部は確認出来てませんが、他のプラグインは特に問題無く使えているように感じます。

 

 

タッチ操作が出来る

iPadなのでタッチ操作、ApplePencilでのMIDIの打ち込み・オートメーションを書くことも可能です。

また、iPad版Garagebandのようなタッチ操作でのMIDI打ち込み補助の機能もあるので、より直感的にLogic Proを操作することが出来ます!

今度、純正じゃないApplePencilでもオートメーションを書けるか試してみようと思います。

 

 

他の細かい仕様はこちらから確認してください!

iPadのためのLogic Pro
iPadのためのLogic Proは、手軽なのに完全プロ仕様のレコーディングスタジオ。作曲からフィニッシュまで、iPad上で完結させるために必要なすべてがそろっています。

 

 

スポンサーリンク

ダウンロードと注意点

A12 Bionicチップ以降のチップを内蔵したiPadならApp Storeからダウンロードできます。

注意事項としては、1ヵ月は無料で利用できるのですが、最初に月700円のプランと年額7000円のプランを選ぶ箇所があります。

そこで年額7000円を選んでいると、1ヵ月無料が終わった後に年額7000円が課金されるので注意して下さい!

(スクショ撮り忘れました、すいません)

 

プランの変更は画像の手順で行うと変更できるので、間違えて登録してしまった人は早めの変更を!

「設定」から「アカウント」を選択して「サブスクリプション」を選択

 

「iPad用Logic Pro」を選択

 

「すべてのプランを表示」を選択。

ここでサブスクリプションを解約すること可能です。

 

希望のプランを選択すればOKです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

以上「【導入編】iPad mini 第六世代でiPad版Logic Proを使い始めてみた!使い始める時に注意したい事!」でした。

 

1ヵ月間無料で試せるので、気になっている方はとりあえず試してみるのをオススメします。

ただ上記でも書きましたが、最初のプラン設定を間違えると、翌月に7000円請求されることもあるので注意して下さい!

 

軽く触ってみた感じは思った以上にサクサク動くので好印象です!

もう少し触ったらファーストインプレッションを書いてみようと思います!

 

何かの参考になれば!

ではでは!

※コメント欄ははこちら

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました