もうこれで良いじゃん!互換性のある非純正Apple pencil買ってみたら純正の代用が出来た!

最近iPadで手書きメモをよく取っています。

ただ、外出先で使う場合、iPadは少し大きい。

 

そこで、白羽の矢が立ったのが最新のiPad mini!


 

 

サイズ感、スペック共に申し分無し!

購入を検討していましたら、そこで驚愕の事実が発覚!

最新のiPad miniではApple Pencil第1世代が使えません(泣)

 

 

第1世代なら他のiPadと互換性あって使えるだろうと思っていたら使えない。。。

iPad miniを買ったとしても、またApple Pencilも買わないといけない…

前回の経験上、純正以外の反応はイマイチな可能性が高い。

それを踏まえて以前はApple Pencilを購入しました。

やっぱり純正が最高?!Apple Pencil購入&レビュー!
どうもMr.Kold(@kold_beat)です! 以前に「電子ノート」についてどうするか検討しました。 その結果、...

 

 

だけど、だけど…

「また1万円以上する鉛筆買うのは嫌だ!」

そう思ったので、Amazonで評価の高い互換性のある非純正Apple Pencilを買ってみました!

 

 

 

スポンサーリンク

率直な感想

「純正より少し書き心地が悪いかも」なんて思っていましたが

書き心地と反応は純正のApple Pencil第1世代とほぼ変わりませんでした!

 

これは衝撃的な結果!

(純正買う前にこれを買っておけば良かったのでは?w)

多機能を求めず書く機能だけを求めるなら価格的にもこちらの方がオススメ!

 

 

 

スポンサーリンク

仕様・スペック。純正Apple Pencilとの比較

改めて、今回購入した非純正のペンです。


 

付属はペン先、充電用USB-Cケーブル、説明書。

箱が汚れているのはご愛嬌ということで(苦笑)

 

 

2018年以降のiPadに対応しているようです。

対応機種

・iPad Pro12.9インチ(第3・4・5世代)

・iPad Pro11インチ(第2・3世代)

・iPad Air(第3・4世代)

・iPad(第6・7・8世代)

・iPad mini(第5・6世代)

※iOSのバージョンによっても使える使えないがあるようなので、リンク先から確認お願いします。

ペンシル アイパッド ペンシル Apple Pencil第2世代互换タッチペン ipad第9/8/7/6世代 iPad Pro 12.9/11インチ iPad mini6 ipad Air4対応 ペンシル タッチペン 電量表示 傾き感知 磁気吸着 誤作動防止機能対応 スタイラスペン
ペンシル アイパッド ペンシル Apple Pencil第2世代互换タッチペン ipad第9/8/7/6世代 iPad Pro 12.9/11インチ iPad mini6 ipad Air4対応 ペンシル タッチペン 電量表示 傾き感知 磁気吸着 誤作動防止機能対応 スタイラスペン

 

 

このペンで出来ること

・頭の部分をダブルタッチで電源ON

・手が画面に触れても誤作動防止機能対応

・リアルタイムにLEDで電池残量を確認

・傾き感知機能対応

・Apple Pencil互換ペン先

・磁器吸着機能(充電は出来ない)

 

純正に出来てこのペンで出来ないこと

・圧力感知が出来ない

・Lightningコネクタ・マグネットでiPadに取り付けて充電出来ない

・ダブルタップでツールの切り替え

 

 

 

スポンサーリンク

使ってみた感想

今回の比較環境はiPad 第6世代、Apple Pencilは第1世代です。

 

書き心地・反応
個人的には純正品ほとんど変わらないように感じました。

もともとiPad第6世代、Apple Pencil第1世代の組み合わせでは少し遅延が出ます。

ただ、早く文字を書かなければ違和感をそんなに感じないので問題無く使用していました。

 

ちなみに安いスタイラスペンでは反応が鈍くて使い物になりませんでした。

今回も最悪その展開を想定していましたが、良い意味でその予想を裏切られました。

 

 

重さ

少し気になったのは、ペンの軽さ。

純正に比べるとすごく軽いです。

今回のペンの軽さは鉛筆ぐらいのイメージ。

純正は高級なボールペンぐらい。

 

人によってはこの差が少し気になるかも。

個人的にも最初は少し違和感がありました。

ただ数日使っていたら慣れて、問題無く使用できています。

 

 

接続方法
このペンはBluetoothでペアリングをしません。

ペンの電源を入れれば使えます。

ペンの電源はペンの頭を2回ノックすると入ります。

 

注意点として、純正Apple PencilをBluetooth接続してる場合はこちらのペンは使えなくなります。

 

 

電池・バッテリー
少し残念な点は、電池の残量は本体のインジゲーターで判断します。

 

Apple Pencilは、iPad本体で確認出来ます。

大体ですが、何%くらい残ってるか分かるので充電するタイミングを考えやすいです。

 

今回のペンは本体の3つのLEDで電池の残量を判断します。

多分、LEDが1つなったら充電するタイミングかな?!

 

 

充電方法
充電方法はUSB-C接続で充電します。

このボタンのようなものが蓋になっていて、ここにUSB-Cを接続します。

 

Apple Pencil第1世代のようにLightning端子に挿したり、

第2世代のように本体横にくっつけて充電できないので注意が必要です。

 

純正品のように緊急の場合にiPadで充電対応が出来ないので、こまめにペンの充電はチェックしないといけません。

 

 

書く以外の機能

仕様・スペックの方でも書きましたが、ダブルタップでツールの切り替えとかは出来ません。

シンプルに書くことだけ出来ます。

色々な機能が欲しい人は純正品をオススメします!

 

 

説明書

最後に、付属の説明書が英語です。

英語が読めない方はご注意下さい!

 

ただ、Amazonの販売ページに説明があります。

ペンシル アイパッド ペンシル Apple Pencil第2世代互换タッチペン ipad第9/8/7/6世代 iPad Pro 12.9/11インチ iPad mini6 ipad Air4対応 ペンシル タッチペン 電量表示 傾き感知 磁気吸着 誤作動防止機能対応 スタイラスペン
ペンシル アイパッド ペンシル Apple Pencil第2世代互换タッチペン ipad第9/8/7/6世代 iPad Pro 12.9/11インチ iPad mini6 ipad Air4対応 ペンシル タッチペン 電量表示 傾き感知 磁気吸着 誤作動防止機能対応 スタイラスペン

そこを見ながら使うと問題無いかと。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は互換性のある非純正Apple pencilを買って使ってみました。

個人的にはこれで必要十分!

 

値段も安い、書き心地も問題は無し!

紛失してもこの金額なら精神的ダメージは少ない!

純正だと紛失したら当分は立ち直れ無いかも…。(1万円が…泣)

これからはこちらの方をメインで使っていく予定です!

 

そして、ペンが安く済むことが分かったので、最新のiPad miniを注文してしまいましたw

こちらのペンとも互換性があるようなので、これも嬉しい所!

iPad miniが届いたらレビューしてみようと思います。

 

何かの参考になれば!

ではでは!


※コメント欄ははこちら

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました