iPadを電源ボタン以外でスリープにする方法

どうもMr.Kold(@kold_beat)です!

iPadを電源ボタン以外でスリープにする方法を書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

経緯

まず「どんな時にこれ使うの?」という感じになると思います。

その説明していきます。

 

1番ありそうなパターン

「タブレットを机に置いて使用していて、持ち上げずにスリープしたい!」

 

 

いや…

 

 

「タブレット持ち上げて電源ボタンでスリープにしたらいいじゃんって思うじゃないですか?

自分もそう思います!w

 

 

では、何故今回この操作方法をするかに至ったかを説明していきます。

iPadは基本的にスタンドに立てながら使ってます。

電子書籍、ネットを見ながら作業をするとか、サブディスプレイ的に使うのが目的です。

 

この場合、ホームボタンが上に来ると便利。

アプリの切り替えやホーム画面に戻たりしやすい。

 

ただ、そうなると電源ボタンが下に来て押せません…。

基本的にiPadは自動でスリープには入らないようにしています。

電源ボタンを押さないと画面付けっぱなしでバッテリー残量はどんどん減っていくことになります…

 

そう!

 

ここで今回の電源ボタン以外でスリープに入れる方法が役に立ちます!

そんな状況に陥った人(あまりいないとは思いますがw)は是非以下のことを試してみて下さい。

 

スポンサーリンク

やり方

※iOS13.3でのやり方です。

まず、「設定」より「アクセシビリティー」、「タッチ」へと進みます。

 

次に「AssistiveTouch」をタップします。

 

「AssistiveTouch」をオンにして、「最上位メニューをカスタマイズ」に進みます。

 

画面のようにアイコンが何個か並んでいると思いますが、赤丸で囲った「ー」でアイコンを減らします。

 

アイコンが1つになったら、そのアイコンをタップします。

 

たくさんある機能の中から「画面をロック」を選びます。

 

そうすると画像のように、画面にホームボタンのようなマークが現れます。

これをタップするとiPadがスリープに入ります。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

普通にiPadを使っている分にはほとんど使わない機能かと思います。

しかし、自分のようにiPadを電子書籍、ネット閲覧用に使っている人には、もしかしたら、便利な設定かも知れません。

個人的には、この機能のお陰でストレスが1つ減りましたw

自分と同じような状況に陥った方は是非やってみて下さい!

 

あと、電源ボタンとホームボタン同時押しのスクリーンショットを撮影も、この方法で出来ました!

何かの参考になれば!

ではでは!

※コメント欄ははこちら

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました