M2 Macbook Airはお買い得なのか?DTM・DAWで使用する場合を想定して購入検討してみた

どうもMr.Kold(@kold_beat)です!

 

米Appleが6月6日(現地時間)に「WWDC22」を開催しました!

Appleのイベント
Appleの最新の発表をストリーミングでお届けします。Appleの製品とサービスに関するこれまでのスペシャルイベントも、アーカイブにまとめてあります。

 

 

そこで待望の「M2」チップを発表!

それに伴い、M2チップ搭載「Macbook Air」「Macbook Pro13インチ」が発表になりました

 

M2チップ搭載「Macbook Air」「Macbook Pro13インチ」って「どんな感じ?」「買いなの?」など色々思うことがあったので今回は記事にしてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

従来から変わった所

M1搭載Macから何が変わったか、何点かピックアップして簡単にまとめてみました。

M2チップ搭載MacBook Air
M2チップの驚異的なパワーを内蔵したMacBook Air。一日中使えるバッテリー、13.6インチのLiquid Retinaディスプレイ、1080p HDカメラを搭載。デザインも性能も一新しました。
13インチMacBook Pro
M2の驚異的なパワーを内蔵した13インチMacBook Pro。一日中使えるバッテリーと美しいRetinaディスプレイも搭載。Appleが作った中で、最もポータブルなプロ向けノートブックです。

 

M2チップ搭載

M1チップから18%高速になったCPU、35%パワフルになったGPU、40%高速になったNeural Engineで構成されています。

 

メモリを24GBまで積める

以前のM1チップではメモリが16GBしか積めませんでしたが、M2チップ搭載により24GBまでメモリが積めるようになりました。

 

MagSafe 3充電ポート搭載(Macbook Airのみ)

従来からある Thunderbolt / USB 4ポート 2つに加えて今回からMagSafe 3充電ポート搭載されました。

別売りの67Wアダプタで30分で最大50%の高速充電も可能になったようです。

 

ディスプレイが13.6インチに(Macbook Airのみ)

カメラ部分をノッチにすることにより、画面占有面積が増えて従来の13インチから13.6インチに拡大したようです。

 

本体デザインが変わった(Macbook Airのみ)

以前の流線形のデザインから新しい14・16インチMacbook Proのようなデザインに近づきました。

 

色が4色展開(Macbook Airのみ)

以前の3色から「ミッドナイト」が加わり4色になりました。

 

価格変更

円安の影響か、開始価格164,800円~とM1 Macbook Airより高くなりました。

M2 Macbook Proは178,800円~。

 

 

 

スポンサーリンク

DTM・DAWをする上で買いなのか?

結論から言いますと、

 

14インチMacbook Proの方が良いかも知れない

 

個人的にDTM・DAWをする上で、

メモリは16GB・SSDは1TB以上あった方が良いと思っています

 

・M2 Macbook Air

・M2 Macbook Pro

・M1 Pro Macbook Pro 14インチ

3機種をメモリ16GB・SSD1TBにしてみます。

 

すると価格が

・M2 Macbook Air 264,800円(税込)

・M2 Macbook Pro 262,800円(税込)

・M1 Pro Macbook Pro 14インチ 302,800円(税込)

(※2022年6月9日現在)

 

M2搭載のMacbook2機種とM1 Pro Macbook Pro 14インチの価格差は約4万円

 

その価格差でCPU性能が

M1比較でM2搭載のMacbook2機種はCPUが18%高速

M1比較で8コアM1 Pro Macbook Pro14インチはCPUが28%高速(こちら参照:https://browser.geekbench.com/mac-benchmarks)

 

拡張性が

M2 Macbook Airは、Thunderbolt / USB 4ポート 2つ、MagSafe 3充電ポート

M2 Macbook Proは、Thunderbolt / USB 4ポート 2つ

M1 Pro Macbook Pro 14インチは、Thunderbolt / USB 4ポート 3つ、MagSafe 3充電ポート、SDXCカードスロット、HDMI ポート

上記の差があります。

 

4万円にその違いの価値があるのか?

 

個人的には4万円の価値はあると判断します。

 

CPU性能が高くなるというのもありますが、

拡張性が高いというのが個人的には価値を感じます

 

MagSafe 3充電ポートが新設されたお陰で、充電しながら2ポートを使えるんですが、Thunderbolt / USB 4ポート 2つだけでは足りなくなる可能性が高い。

オーディオインターフェース、MIDIキーボードを接続するぐらいだと問題無いのですが、

それに加えて外部ディスプレイ、外部ストレージなどを求め始めるとポートが足りなくなります

 

個人的にもこの拡張性の無さがM1 Macbook Airの悩みどころでした。

 

ただ、M1 Pro Macbook Pro 14インチはThunderbolt / USB 4ポート 3ポート、HDMI端子、MagSafe 3充電ポートがあるので何とかなりそう。

欲を言えばもう少し拡張性欲しいぐらい。

 

ちなみにThunderbolt / USB 4ポート用の拡張機器はいくつか販売されていますが、値段も高くて2,3万円するのもザラです。

そう考えると、個人的には4万円の価格差の価値はあると考えます。

 

 

 

スポンサーリンク

注意点したいこと

CPUの高速化の話

18%の高速化は数字だけ見るとイマイチですが、そもそもM1チップ自体の性能も高かったので、もしかしたら、実際の使用感はもう少し良いかも知れません。

Youtuberさんのレビューを待ちましょうw

 

OS問題と買うタイミング

M2チップ搭載のMacは7月が発売予定になっています。

その発売タイミングでは現状のOS Montereyが入っていると思います。

その後おそらく10・11月頃(OSの提供日は現状未定)から新しいOS Venturaが搭載されて出荷されると思います。

DTM・DAWで使いたいならしいOS Venturaが搭載される前に買った方が良いと思います。

 

理由は、新しいOSに各ソフト・プラグインのOS対応しいない場合があるから。

まだMontereyの方が各メーカーさんが対応してくれてると思います。

新しいMacを買う前に、自分が使うソフト・プラグインが購入したMacに入っているOSに対応しているか確認しましょう。

また、Appleホームページから買う場合は、事前にサポートセンターに確認してみると良いと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

個人的に「14インチMacbook Proの方がお買い得かも知れない」という結論に至るとは思ってませんでした。

「あれだけの性能を持ったMacがこの価格で買える」というのがM1 Macbook Airが話題になった理由だと個人的には思ったので、個人的には今回の発表は少し残念に思いました。

高くなった一番の原因は円安の影響かな。

それにしても、メモリ16GB、SSD1TBで約26万円はなかなか高いな。。。汗

 

もちろん「軽さを求める」「持ち運びを優先して最小スペックで良い」なら、M2 Macbook Airも良いと思います!

 

1つ気になったのは、M2搭載Macbook Air、Proの発表はされたのに Mac miniは発表されなかったということ。

Mac miniにM2搭載で10万ぐらいなら結構アリかなと思うんですが…

個人的にはMac miniの方が欲しい!

 

以上「M2 Macbook Airはお買い得なのか?DTM・DAWで使用する場合を想定してみた購入検討してみた」でした。

何かの参考になれば!

ではでは!

※コメント欄ははこちら

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました