Logicoolトラックボール M575Sを半年間使ってみた感想

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

Logicoolトラックボール M575Sを使用し始めて半年以上経ったのでその感想を書いていこうと思います!

前回のファーストインプレッションも良かったらご覧ください!

 

M1 Macbook Airにも!Logicoolトラックボール M575Sが凄く良い!
色々な所で評価が高いLogicool M575Sですが、案の定すごく良い商品だったので記事にしてみました!


 

 

 

PR

トラックボールに慣れるのか?

結論:慣れました!

正直、ここが一番心配でした。

以前に人差し指・中指で操作するトラックボールで挫折したことがあるので、今回もそんな風になるんじゃないかなっと心の片隅で少し思っていました。

 

しかし、使えば使う程ボールをどの程度転がせば良いのか、範囲選択などの感覚が分かってきて、今はマウスとほぼ同じぐらいの操作感まで来ています。

他のトラックボールがマウスとは違う握り方になるのに対して、Logicoolトラックボール M575Sは握る形は、マウスに近いのも慣れる一つの要因になったかも知れません。

 

今ではカーソルを早く移動させるのはトラックボールの方がやりやすく感じています!

それに加えて、マウスでの手首の疲れがトラックボールではほぼ無いので長時間作業でもキツくありません。

 

 

PR

置き場所を選ばない

これが意外と地味に便利です!

Logicoolトラックボール M575Sだと、膝の上でトラックボールを動かす事も出来ますし、MIDIキーボードの任意の場所に置いて操作することも出来ます。

離れた位置からレコーディング開始位置を変更したりすることも可能だったり。

 

 

PR

少し気になった所

レビューなどから元々分かっていたことではありますが、1、2週間に一度ぐらいボールを外して内部をを掃除しないといけません。

結構手垢とか溜まるので、ディスプレイを拭く用のアルコールが入ってないウェットティッシュや綿棒で掃除しています。

そんなに面倒くさい作業ではありませんが、ついつい忘れることもあります。

 

汚れで操作の精度が下がるという方もいるみたいですが、今の所自分は感じてません。

むしろ掃除した後の方がボールの回転の滑らかさが落ちている感じすらあります…汗

手垢がむしろ潤滑的になっているのかな?!

原因分かる方良かったら教えてください!w

 

 

PR

まとめ

ということで「Logicoolトラックボール M575Sを半年間使ってみた感想」でした。

半年間、挫折せずに慣れることが出来ました!

改めてすごく良い製品だと実感しております!

 

外出先でも使いたいぐらいですが、本体サイズはマウスより大きいので持ち運びはし辛い。

形状が形状なのでポンとカバンに放り込む事も出来ないし。

一応持ち運びようのプロテクターもあるみたいですがそこまでするのもなっとw

 

トラックボール使ってみたいけど、どれを買ったら良いか分からない人にもオススメです!

是非、入門用として買ってみてください!

価格も他のトラックボールよりもお求めやすいのでオススメです!

何かの参考になれば!

ではでは!

 

 



※コメント欄ははこちら

PR
タイトルとURLをコピーしました