【必見!】Native Instrumentsが半額セール中!KOMPLETEシリーズなどが激安!何がオススメか考えてみた!

どうもMr.Kold(@kold_beat)です!

 

年に1度のNative Instrumentsの半額セール「SUMMER OF SOUND 2023」!

Summer of Sound 2023

 

ブラックフライデーよりもセール対象が広いので狙っている人はここが買い時です!

ちなみに、自分も今回購入予定!

ということで「SUMMER OF SOUND 2023」の内容を紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

何が安くなる?

■ KOMPLETE 14バンドルが50%OFF

「SELECT」「STANDARD」「ULTIMATE」「COLLECTOR’S EDITION」それぞれの新規購入、アップデート、アップグレードが半額!

KOMPLETEバンドル

 

 

■ 音源、エフェクト、Expansionsが半額

最新商品を除いた全ての音源、エフェクト、Expansionsが半額になっています!

SOFTWARE & SOUNDS | Native Instruments
KOMPLETEで音楽制作のレベルを上げ、プロ品質のサウンド世界を発掘しましょう。インストゥルメントやエフェクトのプラグイン、Expansions、バンドル製品などがご覧頂けます。

 

 

■ TRAKTOR PRO 3 が半額

DJソフトウェア「TRAKTOR PRO 3」も超お手軽価格で購入出来ます!

TRAKTOR

 

 

■ ハードウェア&ソフトウェアのバンドルが破格に!

MIDIキーボード、オーディオインターフェースとKOMPLETEバンドルがお得にセットされたバンドルセット!大体1~2万円ほど安く購入できます!

ハードとソフトのバンドル

 

 

■ iZotopeのミキシング&マスタリングツールが半額

「Soundwide」というグループ会社になったお陰でのまさかのiZotope製品のセール!

ただ、iZotope本家のセールの時が安いかも。

iZotope

 

 

スポンサーリンク

何がオススメ?

色々安くなっていますが、結局1番なにがオススメか?

個人的には「KOMPLETE 14バンドル」がオススメ!

やっぱりバンドル製品はお得感が違いますw

 

楽曲制作に役立つ「音源」「エフェクト」「Expansions」が多く収録されている「KOMPLETE 14バンドル」。

現在SELECT」「STANDARD」「ULTIMATE」「COLLECTOR’S EDITIONの4種類発売されています。

その中で「STANDARD」が1番オススメです!

 

 

スポンサーリンク

オススメの理由

「KOMPLETE 14バンドル」の中で

「STANDARD」が1番コスパが良い!

 

個人なそれぞれのバンドルの印象は

「SELECT」→ NI製品を買う上ではちょっと中途半端
「ULTIMATE」「COLLECTOR’S EDITION」などの上位バンドル→「劇伴系をやる人」「NIのExpansionを良く利用する人向け」普通のDTMerにはオーバースペック

という感じ。

 

「STANDARD」の収録製品の一覧はこちら

バンドル : Komplete 14 Standard : 収録製品 | Komplete

 

それぞれの比較はこちら

バンドル : Komplete 14 Standard : 比較する | Komplete

 

収録製品の中でオススメは、

■ KONTAKT 7

→ いわゆる、”サンプラー”と呼ばれるプラグイン。

他のプラグインメーカーがこのプラグインをベースにサードパーティを多く作っています。

そこからも性能の高さが良く分かります。

KONTAKT標準の音源も刷新されているようなので、マルチ音源としても使いやすそうです。

たまに、”KONTAKT Player”で動作しないサードパーティもあるので、万が一の為に持っておくのもオススメ!

Kontakt 7: The do-it-all instrument platform
KONTAKT 7はNative Instrumentsのフラッグシップのインストゥルメントプラットフォームの最新版で、Factory Libraryの刷新とブラウザが強化されました。

 

 

■ SESSION GUITARIST — ELECTRIC MINT

→ 音だけでいったら他の上位のギター音源と遜色無いと感じます!

ただ、表現出来る奏法などは上位音源よりも少な目なので要注意!

ギター : Session Guitarist — Electric Mint | Komplete
ELECTRIC MINTは60年代アメリカ製ソリッドボディエレキギターの独特のフレーバーを捉え、パターンとアーティキュレーションを収録した演奏性の高い音源です。

 

 

■ ピアノ・ストリングス・ブラス音源

→ DAWソフト標準よりも質と表現の幅が広がる印象。

使いやすいのでDAW標準からグレードアップしたい人にもオススメ!

Cinematic : Session Strings 2 | Komplete
An 11-piece string ensemble with a detailed, intimate sound for contemporary tracks. Play assistance features accelerate the path to creativity.
Cinematic : Session Horns | Komplete
The sound of a tight, four-piece horn section sampled in pristine quality. Perfect for funk, pop, reggae, indie and neo-soul productions.
キーボード : Noire | Komplete
NOIRE:非常に独特なコンサートグランドのサウンド。ピュアとフェルトダンパー・バージョンが用意され、幅広いカスタマイズが可能。

 

 

■ BATTERY

→ シンプルで色々出来、且つ使い勝手が良いドラムサンプラー。

それぞれのセルで細かいエディットが出来るのでドラムサンプラー以上に様々な使い方が出来ます!

Battery 4: Cutting-edge drum sampler | Komplete

 

 

■ PLAY SERIEES

→ ジャンル毎に作られたマルチ音源。

そのジャンルでよく使われている音色や飛び道具的な音色まであります。

それぞれのジャンルで欲しい音が見つかりやすく、使い勝手も良い印象。

細かく音を詰めていくことも出来ます。

Play Series
Play Seriesは、音楽制作の初心者からプロまで誰にでも使いやすく、簡単に優れたサウンドを出すことができます。

 

 

■ GUITAR RIG PRO 6

→ アンプシミュレーターを持ってない人はとりあえずこれから使ってみても良いかも!

リアルさでは他の専用音源に及ばないこともありますが、全体的に使いやすい音色。

ギターのアンプとか分からない人にはこっちの方が音は作りやすいかも知れません!

https://www.native-instruments.com/jp/products/komplete/guitar/guitar-rig-6-pro/

 

 

■ OZONE 10 STANDARD

→ 近年のマスタリング作業で必須なプラグイン。

本当に持ってて損は無い。

iZotope製品のアップグレードの踏み台にもなるのでマジでオススメ!

Ozone 10 Standard – AI-powered audio mastering software
Ozone 10 Standardはオーディオマスタリングの世界に最先端のオーディオ技術とAI搭載のアシストツールを取り入れています。

 

もちろん、他のプラグイン・エフェクトなども音質も良く、色々な所で活躍してくれると思います!

 

 

スポンサーリンク

ちなみに…

ちなみに自分は「COLLECTOR’S EDITION」を購入予定です!
理由は、以前に「COLLECTOR’S EDITION」を購入していたから

 

「COLLECTOR’S EDITION」のアップデートが33600円

他のバンドルへのアップグレードが26850円

その差額なら「COLLECTOR’S EDITION」を引き続き買っても良いかなと思いました。

こう考えると「COLLECTOR’S EDITION」は最初は高いかも知れませんがランニングコストは良いかも知れませんね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、「【必見!】Native Instrumentsが半額セール中!KOMPLETEシリーズなどが激安!何がオススメか考えてみた!」でした!

セールは7月6日まで行われているみたいなので、Native Instruments製品で狙っていたものがある人は是非検討してみて下さい!

何かの参考になれば!

ではでは!

 

※コメント欄ははこちら

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました