Antelope Audio Discrete 4 Synergy CoreのドライバをM1 Mac対応へと更新できず失敗…その解決策を解説!

どうもMr.Kold(@kold_beat)です!

 

結構前ですが、Antelope AudioからM1 Mac への対応が発表されました!

Antelope Audio Compatibility with Apple M1 Computers
Antelope Audio is a leading manufacturer of audio interfaces, modeling mics, AD/DA converters and master clocks for pro recording facilities & home studios

 

発表された後にすぐやりたかったのですが、色々あって出来ませんでした。

今回、やっと時間が出来たのでドライバーの更新のやり方を書いていきます。

 

 

スポンサーリンク

やり方

一応、ここにやり方が書いてあります。

Antelope Audio Compatibility with Apple M1 Computers
Antelope Audio is a leading manufacturer of audio interfaces, modeling mics, AD/DA converters and master clocks for pro recording facilities & home studios

ただ英語表記なのでよく分からないことがあったのと、上手くいかない事例がありました。

何かの参考になればと思います。

 

まず、Macをリカバリーモードで起動させます。

 

この際に注意しないといけないのが、

他のサイトではリカバリーモードに入れるには電源ボタンを2回素早く押すと書いてあるサイトがありますが、今回は電源ボタンを押した後そのまま長押しします。

 

画像のように歯車マークと内蔵ドライブが表示されたら、電源ボタンを押すのを止めます。

 

オプションを選択後、ユーザーを選択してログインします。

 

次に、「ユーティリティ」の「起動セキュリティユーティリティ」を選択します。

 

ちなみに、電源ボタンを素早く2回押して再起動した場合「起動セキュリティユーティリティ」が上手く表示されませんでした

「起動セキュリティユーティリティ」が上手く表示されなかった方は、シャットダウン後に電源ボタン長押しでリカバリーモードに入ってみて下さい!

 

表示されているディスクを選択します。

 

画像のような設定にして再起動します。

 

その後は、いつもと同じでドライバのインストール手順を踏めばOKです。

 

機能拡張でブロックされると思うので、「セキュリティー設定」へ行き

 

 

右下の鍵マークのロックを外して、

「App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」にチェックを入れて、

「許可」を押せばドライバがインストールできると思います。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

リカバーモードの入り方が原因で少し手間取りましたが、なんとか無事ドライバをインストールできました!

 

Antelope Audio Discrete 4 Synergy CoreがM1 Macに対応してくれたお陰で、やっとスタジオでMacbook Airを使ってレコーディングすることができます!

この流れでAntelope Audio Discrete 4 Synergy Core内でプラグインを動かせる機能やEdgeのマイクモデリングも使ってみようと思います。

後日、使用感等レビューしようと思います!

 

そして、少しずつですが、M1 Macの環境も整ってきました!

個人的には、もう少しで完全移行出来そうな気がしています!

 

何かの参考になれば!

ではでは!

 


※コメント欄ははこちら

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました