SHIGEMORI RaD ギター用ディストーション レビュー!-ベース編- 【シゲモリの部屋】

今回レビューしていくのは、SHIGEMORIのエフェクター「RaD」というディストーションです!

元々はギター用として作ってるようですが、今回もベースで使用した場合のレビューをしていきます!

 

オススメポイント

■プリアンプとしても使える

■TONE、BASSのツマミの効きが絶妙

■歪みとしても優秀

 

 

 

スポンサーリンク

商品説明

楽器の個性を生かしたエフェクターを制作するブランドSHIGEMORIのディストーションペダル!

原音を生かしつつ、ローゲインからハイゲインまで対応でき、自然な音色とタッチを演出出来ます!

 

コントロールは、音量調整できる「VOL」、低音の量を調整できる「BASS」、音色の雰囲気を決める「TONE」、歪みの量を決める「DIST」となっています!

 

商品の詳細は以下よりチェックして下さい!

PRODUCTS | SHIGEMORI CUSTOM EFFECTORS
製品紹介|ハンドメイド・カスタム・エフェクター・シゲモリ

 

 

スポンサーリンク

サウンド

※下の動画の1分39秒よりエフェクターのサウンドをチェックできます。

 

 

スポンサーリンク

オススメポイント①:プリアンプとしても使える

ギター用ディストーションであるRaDですが、DISTのつまみを0にした状態では歪まずに使うことが出来ます!

そこからTONEとBASSのつまみを調整すれば、ベースの場合でも好みのトーンが得られます。

 

また歪みの幅も広く取られているので、少し歪んだを基本サウンドにしてそこからサウンドを作りこむことも可能です。

 

 

スポンサーリンク

オススメポイント②:TONE、BASSのツマミの効きが絶妙

コントロールツマミでBASSがあった場合、普通はTREBLEとなりそうな感じではありますが、RadはTONEとなっています。

 

音を出す前までは微妙かと思っていたこのコントロールですが、使い始めるとその組み合わせの利点が見えてきました。

DISTとTONEでおおまかな音の方向性を決め、音の迫力をBASSで調整するという凄く直感的な操作が出来ます。

 

 

スポンサーリンク

オススメポイント③:歪みとしても優秀

歪みの幅もクリーン、クランチから十分歪ませることも出来るので、ジャンルを選ばずマルチに使える歪みエフェクターです。

歪みの量を決めて、効きの良いBASSとTONEで調整していけば好みのトーンを得られると思います!

 

今回はベースで試奏しましたが、ギターでも素敵なトーンが得られると思います!

 

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、ギター用ディストーションのSHIGEMORI「RaD」のレビューでした!

なかなか値段も高く手が出しにくいエフェクターではありますが、サウンドは納得の音質です!

予算に余裕がある方は是非試奏等してみて下さい!

 

ちなみに今回はスタジオ8528で試奏出来ますが、販売はしていないようですw

 

何かの参考になれば!

ではでは!

 

SHIGEMORI RaD」を紹介している動画はこちら↓

 



サウンドハウス:SHIGEMORI ( シゲモリ ) / RaD

 

Mr.Koldがお手伝いしている沖縄 宜野湾市にあるスタジオ8528では、イベントやステージに必要なPA機器などの音響機材、アンプ・ドラムなどのレンタルも行っております。

またバンドはもちろん楽器の個人練習が出来るスタジオもレンタル可能です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

沖縄 宜野湾市にある音楽スタジオ STUDIO8528 (HAKONIWA)
8528からのお知らせ

※コメント欄ははこちら

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました