iPhone、iPad、PC、Mac間で使えるUSBフラッシュメモリ SanDisk サンディスク iXpand Mini レビュー

どうもMr.Kold(@kold_beat)です!

前々から気になっていたiPhone、iPadとPCで使えるUSBフラッシュメモリを買いましたのでレビューしていきます!

 

スポンサーリンク

購入動機

以前より安くなった

以前は8GBでも5000円等高額だったのですが、最近は中国メーカーの商品が増えたお陰か安くなってきました。

32GBでも2000円前後。

 

iTunesでのiPadからPCへの動画転送がよく分からん

個人的に「iPhone、iPadからPCへのiTunesを介しての転送の仕方が良く分からん!笑」

iPhone、iPad内のデータは、MacやPC上でドラッグ&ドロップで転送出来ないんですよねー。

音楽もApple Musicのお陰でローカルで転送とかしませんし。

最近はiTunesは音楽聞くためぐらいにしか使ってませんね。汗

 

 

今度は購入までの経緯を書いていきます。

スポンサーリンク

検討

最初は知らない中国メーカーの物を買おうと思ってました。

その方が値段もお手頃ですし。

USBフラッシュメモリは消耗品とも考えてますので。

しかし、レビュー等を読んでいると、本体よりも「アプリが使い辛い」というようなレビューが結構目につきました。

このタイプのUSBフラッシュメモリは、iPhone、iPadとアプリを介さないとデータの移動が出来ないようです。

そうなってくると、アプリの出来が大切になってきます。

 

本体とアプリのレビューがそれぞれが良さそうなのどれだろう?っと検索した結果、今回のSanDisk サンディスク iXpand Miniを購入しました。


SanDiskはUSBフラッシュメモリやSDカードでも定番のメーカーですし、アプリの評価も高かったのが決め手です!

 

 

スポンサーリンク

レビュー

外観

幅は一般的なUSBフラッシュメモリと同じぐらいだと思います。

ただ、本体が凄く薄い。

そして、ストラップを付ける穴も無いので、失くす可能性が高いです。

Lightning端子部分の蓋も結構小さいので、置く場所を分かりやすい所に置くなどの工夫が必要だと思います。

USB端子側は蓋は無く剥き出しになってます。

保管場所は分かりやすい所に固定するか、持ち運びは控えめにした方が無難かも知れません。

あとで何かしらの対策は考えてみます。

 

使用感

前述しましたが、データ転送には専用のアプリが必要です。

アプリは、iPhone、iPadにこれを挿せばアプリをダウンロードする所まで案内されます。

あとはアプリをダウンロードするだけです。

 

個人的に気になっていたのが、使用する前にフォーマットが必要なのかどうか。

フォーマットも何もせずに、iPhoneに挿し、Macに挿し、Windowsに挿し、データ転送を行なってみましたが、それぞれ問題無く転送出来ました。

フォーマット等の難しいことを考えずに使えるのは有り難い!

 

使用方法は、最初は戸惑う所もありましたが慣れてしまえば簡単!

基本的にデータの出し入れは、「ファイルのコピー」から行います。

転送時間は5.5GBのデータがiPadからUSBメモリへは5、6分くらい、USBメモリからMacへは約3分ぐらい。

個人的にはiPadからUSBメモリは転送バーの動きがリアルタイムではないので(段階的ではなく、突然バーが伸びます)体感的に遅く感じましたが、USBメモリからMacへは結構早いと感じました。

 

「ファイルの表示」は、USBフラッシュメモリに入っているデータを参照出来ます。

最初からサンプルデータっぽいのが何個か入ってます。

 

「バックアップと復元」は、「カメラロールのバックアップと復元」「ソーシャルメディアのバックアップ」「連絡先とカレンダーのバックアップと復元」の3つが出来るみたいです。

iTunesやiCloudでバックアップを取らない人や、取れない人には良いかもしませんね。

 

「Do More Store」はオススメのアプリをダウンロード出来るリンク先に飛びます。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、iPhone、iPadで使えるUSBフラッシュメモリのレビューでした。

正直な感想は

「頻繁に使うものでは無いので、特に無くても困らない」

動画データ等をiTunesを介さないでパソコンに転送出来るのは、確かに便利です。

でも、よく考えたらあんまりしないし…。

そして、新し目のMacを買っていればAirDropでお互いに転送出来るし。

iPhone、iPad間もAirDropでいけますし…。

多分、こんな感じになる人が多いから、要るか要らないかになると要らないと思いますw

 

ただ、データをハードにバックアップしておけるのは強いと思います。

何かしらの現場で事件が起こった時は、やっぱりハードは強いです。

ネット環境無くても対応出来ます。

ただ、AirDropはネット環境無くても出来ますけどw

有用な使い方を発見したら、また報告します。

何かの参考になれば!

ではでは!


※コメント欄ははこちら

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました