約4000円で健康管理?!スマートウォッチのXiaomi Mi Smart Band 4を簡易レビュー!

どうもMr.Kold(@kold_beat)です!

今回は「Xiaomi Mi Smart Band 4」というスマートウォッチの簡易レビューです!

 

 

 

みなさん、スマートウォッチ使ってますか?

個人的にApple Watchが気になってたんですが、価格に対して費用対効果が低いかなーって思って購入を見送ってました。

 

ただ最近、スマートウォッチが意外と安く購入出来るという話を良く聞くようになりました。

調べてみたら、3千円台の物もそこそこ使えるみたい。

それでも普段から時計を身につけない自分からしたら、不必要な物です。

「安いとはいえ、いらないなー」って思っていたんですが…

 

ある2つの機能が使えることが分かり購入してみました!

その機能が以下の2つ。

 

●iPhoneのミュージックの曲飛ばしが出来る

●睡眠時間が計れる

 

 

1つ目の機能は、ランニングの時に便利だなっと。

画像のようなiPhoneを入れるポーチみたいなのを持っているのですが、ランニング中に曲をスキップするのがとてもしにくい。

なので、最近は、持ち運びに楽なウォークマンを使っていたんですけど…

出来たらApple Musicをランニングしながら聞けたら最高だなっとは思ってました。

その為だけに、Apple Watchやスマートウォッチを導入するのはね…

 

2つ目の機能の睡眠時間を計る機能。

個人的に結構睡眠をしっかり取らないと身体が持たない人で、だからと言って睡眠に対して何もしていませんでした。

睡眠時間を計れると、もう少し健康状態が改善するかなっと思った次第です。

 

個人的に上記2つの機能があるなら約4000円程を払っても良いかなっと思いました。

ちなみに、この価格帯て買えるスマートウォッチもたくさんあるのですが、あまりゴテゴテしてないXiaomi Mi Smart Band 4なら普段付けでも良いかなっと思い決めました。

以上が買った理由です。

 

 

では、簡易ですがレビューをしていきます!

スポンサーリンク

外観

 

ちょっと太めのゴムバンドに液晶が付いた感じ。

特に付けてて違和感は無いです。

バンドも、金属が常に腕に触れないので不快感とかも無いです。

液晶は思ってたよりも高詳細!

もう少しドット感が見えると思ってました!

 

 

スポンサーリンク

操作感

タッチ操作は、少し前のスマホぐらいの少しワンテンポあるぐらいの反応。

でも、そんなに苦にはならないです。

Xiaomi Mi Smart Band 4の方でたくさん操作することも無いので、むしろこれぐらいが良いかも。

 

ちなみに、画面の点灯やホーム画面に戻る時は、下の方うっすら見える丸印を押します。

 

Apple Musicとの連携は、Bluetoothの接続確認みたいなのがあり操作までワンテンポ遅れます。

ランニングしている時にはイラッとするかも。(最近のアップデートで改善された模様!)

ホーム画面を左にスワイプすると音楽操作画面にいけます。

 

 

スポンサーリンク

その他

‎Mi Fit
‎Mi Fit はアクティビティの記録、睡眠の分析、ワークアウトの評価を提供します。たくさんのビデオチュートリアルがあなたのモチベーションを高め、より健康で充実した生活習慣を築く手助けをします。 • 多数のスマートデバイスと連動 Mi Band、Amazfit Bip、Mi 体組成計、Mi 体重計、Amazfit P...

Xiaomi Mi Smart Band 4と連携するために、スマホに「Mi Fit」という専用のアプリを入れないといけません。

そのアプリを使うためには、生年月日、身長、体重とか入れないといけないのですが…

中華製品はちょっとここら辺に少し抵抗を感じますね、、、汗

 

アプリを入れた後、Xiaomi Mi Smart Band 4のアップデート出来るバージョンがある場合アップデートが行われます。

なので、すぐに装着せず、本体を充電しつつアップデートもした方が良いと思います。

アップデートには少し時間がかかりました。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

思ってたよりも、良さそうな感じで安心しました!

これから睡眠時間やランニングのデータとか取ってみます!

 

あと、Xiaomi Mi Smart Band 4自体は1度の充電で20日間ぐらい持つそうです。

1日おきに充電しないといけないApple Watchよりはここは良いかも。

ただ、スマホ本体と常にBluetooth接続しないといけないので、スマホ本体の電源の減りは早くなるかも。

そこら辺も後々レポートしたいと思います!

何かの参考になれば!

ではでは!


※コメント欄ははこちら

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました